カテゴリ:プラグイン( 4 )

Headline-Reader Plugin 1.0.9 正式版を公開

Plugin 開発担当の大倉です。

今回は 1月 26日にアナウンスしたしました "Sleipnir におけるセキュリティゾーンの扱いに関する脆弱性" に関連した形で Headline-Reader Plugin について説明させて頂きます。

Headline-Reader Plugin は大丈夫なのか?
スクリプトの実行が許可されているが……


このような質問や意見をお寄せ頂いております。

基本的に Headline-Reader Plugin では、サイトを訪れる場合と同じセキュリティゾーン(インターネットゾーン)を使用しておりますので問題ありません。スクリプトの実行を許可していることに関しても同じ理由からです。

ただ、サイトを訪れる行為とフィードを取得する行為とは若干の違いがあります。使用者が自己判断でリンクをクリックするブラウザと、ボタンひとつで不特定多数のサイトの情報を取得する RSSリーダーではリスクの濃度が違います。スパムメールや危険な添付ファイルがが流入するメールソフトに近い存在といえます。スクリプトの実行を禁止するためのわかりやすい方法を提供していないことにもユーザー本位といえるものではありませんでした。

そのようなことから、Headline-Reader Plugin でも、いままで以上のセキュリティ対策をおこないました。新しい Headline-Reader Plugin をご利用ください。

Headline-Reader Plugin 1.0.9 の説明ページ

上記のリンク先ページの最後に更新履歴があります。こちらもご覧ください。

これからも Headline-Reader Plugin をよろしくお願い致します。

P.S.
インターネットオプションのセキュリティタブの制限付きサイトに "about:internet" を
登録すれば Headline-Reader Plugin を制限付きサイトゾーンで実行できる
裏技があります。

ちょっとマニアック過ぎますね(汗)。やっぱりアップデートをお薦めします。
[PR]
by fenrir_cto | 2007-02-15 16:42 | プラグイン

Hawkeye 1.00 正式版を公開

 眉間のしわを減らす Web 開発補助ツール「Hawkeye」がついに正式版になりました。
f0093348_1642493.jpg
 Hawkeye 1.00 では、 "Software meets Design" プロジェクト第二弾として、エクスプローラバー以外のすべての機能についても Grani と同様のかっこよく・使いやすいユーザー・インターフェースを実装しました。これまでの HTML のような出力表示をパネル本体のものと同じユーザー・インターフェースに統一することで、あなたのクリエイティビティを刺激するプラグインを目指しました。Web のデザインにこだわりを持つ開発者の皆さん、ぜひ使うツールのデザインにもこだわってみて下さい。

 また、見た目の改良だけでなく、使用頻度が高かった「ツール」タスクを下側にツールバーとして独立させるなど、使い勝手を向上させる改良も多数行なわれています。それぞれの機能についても「クリックした要素の詳細を表示」ではマウスを乗せた箇所に半透明の色をつけたり、「HTML の構造」や「HTML の編集」「CSS の編集」では Web ページと二画面で表示するなど、これまで不満だった箇所について数々の修正を加えました。


 Hawkeye は、開発の初期から User Interface Designer の吉田ケンイチ監修の元で開発された初の製品です。
 Fenrir & Co. の推進する "Software meets Design" は、単に見た目の美しさを追求するプロジェクトではありません。直感的なレイアウト、無駄のない機能、自然な動作など、プログラマ本位ではないユーザー本位のソフトウェアデザインを目指しています。「使いやすい」と「かっこいい」を両立させた、使っているだけで楽しくなるようなソフトウェアこそが "Software meets Design" の目指すゴールです。
 社内では User Interface Designer の指導の下、Grani や Hawkeye 以外の製品についても "meets Design" 中です。次第にデザインに出会っていく Sleipnir にご期待ください。
[PR]
by fenrir_cto | 2006-09-22 16:13 | プラグイン

Hawkeye 0.06

Hawkeye 0.06 を公開しました。
今回の更新では、ユーザーの皆様から報告をいただいた不具合を修正したほか、「クリックした要素の詳細を表示」がさらに使いやすくなりました。

f0093348_14463336.jpg

「クリックした要素の詳細を表示」を使うことで、マウスでクリックした部分に適用されている CSS や属性値などの詳細な情報を調べることができます。
f0093348_1447890.jpg

左上に表示されるツリーを表示することで、要素の親子関係も追うことができます。
f0093348_14472674.jpg

同様の操作をエディタで行おうとすると、まず HTML を開いてその部分のソースを取得し、続いて CSS を開いて id 属性で検索し、ヒットしなければ class 属性で検索し、最後に要素名で…と、たくさんの操作をする必要がありましたが、Hawkeye ならたった2クリックで目的の情報を取り出すことができます。

この機能をはじめとして、Hawkeye はこれまでソースコードと睨み合わなければできなかったことをマウス操作だけで簡単に実現できるプラグインを目指して開発を進めています。
あなたが Web 開発の中で思わず眉間にしわを寄せてしまうシーンをFenrir User Communityまでお寄せください。Hawkeye があなたのお手伝いをできるかもしれません。
[PR]
by fenrir_cto | 2006-08-02 15:44 | プラグイン

Web開発補助ツール Hawkeye を試験公開

Web開発補助ツール Hawkeye を試験公開しました。

Hawkeye ダウンロード
Hawkeye の動作には UserAction Extension が必要です。

CSS レイアウトや Web 標準への対応、Web アクセシビリティへ配慮や SEO 対策などでWeb 開発は複雑になる一方にもかかわらず、その開発手法はブラウザで確認してエディタで調整という古い方法から変わらずにいました。

補助するツールもいくつか存在しましたが、それらは多くの機能を取り入れすぎたあまりに、探すための機能がどこにあるか探さなくてはいけないという本末転倒な状況にありました。

Hawkeye はエクスプローラバーに機能を配置したことで、多彩な機能を搭載しながらも一目で機能の場所がわかります。
エクスプローラバーを表示すると横幅が狭くなりますが、現在は解像度の高いディスプレイが主流である一方でWeb ページの横幅は 800 ピクセル前後に合わせて作られることが多いため、実際の使用ではそれほど支障がないと考え、使いやすさを優先して設計しました。(エクスプローラバーの表示切替は F1 キーで行えます)

また、機能の種類ではなく作業の種類別に機能を配置することで、必要な機能だけを使うことができるシンプルな UI を目指しています。

f0093348_1981067.jpg


Hawkeye は発展途上のプラグインです。Web 開発者の皆様の意見を取り入れながらと思いますので、Fenrir User Community の Developer フォーラム までぜひご意見、ご感想をお寄せください。
[PR]
by fenrir_cto | 2006-07-07 19:15 | プラグイン